ステンシルマークの作り方にはいろいろとあります。
● 手彫り
何十種類もの幅の異なったタガネと金づちを用いて一文字一文字線画に沿って彫って行きます。
材料は主に亜鉛鉄板、銅版、真鍮などで、厚さは0.3ミリ前後です。
オイルボード(油脂を含んだ厚紙0.38ミリ)で」あればデザインカッターで切り抜けますが、耐久性はやはり金属の方が優れています。
● ステンシルマシーン
米国マーシュ社の抜き打ち機械で文字は英文字と数字に限られます。
文字の大きさによって1インチ、3/4インチ、1/2インチ、1/4インチの4種類のマシンがあります。
材料はオイルボード、硬質塩化ビニール等が適しており、厚さは0.5ミリまでが限界です。
● 彫刻機
小さなドリルの刃を回転させながら線画に沿って彫っていきます。
● エッチング
抜きたい部分を薬品で腐食させる方法で、版下作成やフィルム等の製版技術を用います。
● レーザーカット
レーザー光線を使用してカットして行く方法です。材料は金属、紙のどちらでも可能ですが、プラスチック系には不向きです。
レーザービームの照射方法によって製造工程は異なりますが、
ある程度量産することが前提で、コスト的には多少高めになります。