ステンシル版を使って刷り込む作業をマーキングと言い、色々な方法があります。
● ブラシ
一般的な方法で作業もしやすくコストも安く済みます。ただしマーク版の痛みが早いので、大量の場合には金属板を使うようお勧めします。
● ローラー
マーク版を傷めることなく綺麗に印字できます。ローラーにインキを均等に馴染ませるのがコツですが、柄の中にインキを充填しておいて
自動的にローラーにインキを供給できるフォンテンローラーもあります。いずれのローラーも使用後の手入れが大切です。
● スプレー
比較的安易に現場では用いられますが、マーク板を転写体に十分押し付けることが出来ないので印字にムラができ、
スプレーインキも広範囲に飛び散りますのであまりお勧めではありません。
三浦マークではステンシルマークの製作のみならず、マーキングに使用する万能型のインキ(各色)やブラシ、
ローラー、インキバッド、洗浄液等に色々と取り揃えております。どうぞお気軽にご相談ください。