この『データ作成にあたっての注意事項』は、『イラストレータ』・『フォトショップ』の使用に際しての内容とします。
●ケイ線の太さ
印刷されるケイ線の太さは、0.5ポイント以上にしてください。(0.5ポイント以下だと、製版時に不具合が起こる場合があるため)
ただし、トリムマーク(トンボ)に関しては、0.3ポイントにしてください。
●文字の大きさ
文字の大きさは、6ポイント以上が望ましいです。(書体によっては、印刷時につぶれてしまう恐れがあるため)
6ポイント以下にしなくてはならない場合は、書体を変えるなどの対応をお願いします。
●枠について
印刷物に枠(線、裁ち落し)がある場合は、抜きズレの可能性を考慮し次のことを注意すること。
・枠(線)は、抜き位置よりも最低1ミリ内にすること。 
・枠(裁ち落し)は、最低1ミリ以上にすること。
●裁ち落しの有無
シールに裁ち落し部分がある場合は、抜きあたりサイズよりも印刷部分を大きくしてください。
通常は1.5ミリ大きくします。ただし、印刷内容、大きさ等により、この限りではない。 
●分版データ作成時の色の指示
シールの印刷の色が墨以外の場合、または2色以上の場合はデータを分版した際、色の指示をしてください。
※色の指示は、DIC No.もしくは、PANTONで指示。なお、ユーザーからの色サンプルがある場合は別途添付してください。
●フルカラーデータ作成時の注意事項
写真・イラストを使ったフルカラーのデータを扱う際は次の事に注意してください。
□貼付けしてある画像の確認
・貼付けしてある画像の形式が 『 EPS 』形式になっているか。
・カラーモードの形式が 『CMYK 』形式になっているか。
・貼付けしてある画像データが同じフォルダ内にあるか。。※イラストレータ上で画像が『ラスタライズ』されていれる場合は、
別途画像データは必要ない。
□トンボ(トリムマーク)の作成
・トンボ(トリムマーク)のカラー(線)は、CMYKそれぞれ100%の色指定にしてください。
※K100%のみだと、フィルム分版した際、CMYのフィルムにトンボが表示されないため。
□カラー分版表示部分の作成
・フィルムを分版した時に、何色の版か分かるようにCMYKの表示部分を作成してください。
□写真画像の解像度
・解像度は300dpiが望ましい。最低でも解像度150dpiとしてください。
□写真画像の保存形式
・カラーモードは必ず『CMYK』にしてください。また保存形式は『EPS形式』にしてください ※『JPG形式』、『BMP形式』、『TIF形式』は望ましくありません。
●フォントの『アウトライン化』
データの受渡しの際、フォントの有無の問題があるので、フォントはアウトライン化してください
ただし、作成するデータの内容によってはアウトライン化することにより、データが重くなるなどは要打合せとします。
●データの『グループ化』
作成したデータはなるべく『グループ化』してください。(特に文字、文章等)
※データ選択際、グループ化してないと、選択モレの不具合が起こる可能性があるため。